腸内の善玉菌を増やす魔法の飲み薬とは?

胃腸の負担を軽減する食事方法についてはすでに述べたとおりです。

次は腸の改善をさらに加速させるために腸内細菌の話をしましょう。

「お腹にやさしい乳酸菌」と耳にしますよね。その辺についてレッスンしたいと思います。

腸内細菌は文字通り腸の中にあり、私たちの体と共生すると共に生体防御に関係していると考えられています。


腸内の細菌について

腸内主要細菌群を挙げてみましょう。

乳酸菌群
乳酸捍菌、ビフィズス菌、腸球菌

嫌気性菌群
バクトロイデス科、嫌気性湾曲菌群、ユウバクテリウム、嫌気性レンサ球菌、ベーヨネラ、メガスフェラ、ジェミガー、クロストリジウム、トレポネマ

好気性菌群
腸内細菌科、ブドウ球菌、バチルス、コリネバクテリウム、シュードモナス、酵母


聞いたこともない単語ばかりだと思います。これだけたくさんの菌が腸の中に存在しているのです。各細菌の細かい働きはとりあえず置いといて善玉、悪玉と大雑把に分けて考えてみます。

あなたも善玉とか悪玉と聞いたことありますよね?

例えばオリゴ糖は善玉であるビフィズス菌を増殖させるので健康に良いと言われています。またスーパーの食品売り場においても「~乳酸菌」と明記されたヨーグルトなどの乳性品が売られていますよね。キムチ、漬物など乳酸菌は発酵食品によく含まれています。

よく噛んで食べる、それに加えて腸内細菌の改善を行うとアトピー改善のスピードがかなり上がります。私の場合も腸内細菌バランスの改善を始めてから一気にかゆみが減りました。

ロシアの細菌学者のメチニコフ博士が「乳酸菌不老長寿説」というものを提唱。

そのくらい乳酸菌は腸内で重要な役割を果たしています。

アレルギーとの関係についてはまだ明確ではありませんが、たくさんの学術論文でマウス実験によっていくつかアレルギーに対する有効性が示されています。

TVCMなどでプロバイオティクスという言葉を聞いたことがあると思います。

プロバイオティクスというのは腸内常在細菌叢のバランスを改善することを目的とした製品乳酸菌で乳酸菌が「生きたまま」含まれるもののこと。

それが生きたまま腸に届けば良いですが、製品によっては胃酸の段階で死滅してしまいます。




腸内の善玉菌を増やす方法

あなたが具体的に行う事は腸内の善玉菌を増やす、という事。

さて、どのように行うか。

毎食ヨーグルト?毎食漬物?毎食・・・疲れてしまいますよね。

ちなみに乳酸菌が含まれていても、アトピー性皮膚炎の場合ヨーグルトなど乳製品の摂取は控えましょう。

すこし外れますが乳製品つながりの余談です。牛乳に関してアトピーに限らず摂取を控えることは米国医学界ではすでに常識です。日本では牛乳が過剰宣伝されていますが、それは儲かるからであって健康とは関係ありません。

カルシウムは他で摂取するのが望ましく、もっともカルシウムの観点でも牛乳は大して望ましくありません。

牛乳は牛が飲むもの、そして牛でさえ子供の頃しか飲まない飲み物です。また、人間より体温の高い動物のミルクを飲むと血液がドロドロになります。デメリットは挙げたらたくさんありますので牛乳摂取はやめましょう。アトピー性皮膚炎ならなおさらです。


話を戻しますと、アトピー性皮膚炎の腸内環境を食事だけで治そうとすると、かなり長期間かかります。また毎日乳酸菌の食事を行うのも飽きてきます。

ではどうすれば良いのか。


簡単です。錠剤を飲むだけ。

新ビオフェルミンS

テレビでもCMしています。どこの薬局にもあります。価格も手頃です。

同効果のものなら他社の製品でも構わないかもしれませんが、私は新ビオフェルミンSを毎日 3 回服用しました。今でも飲んでいます。

これは乳酸菌の薬で整腸薬として有名です。

ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌が 9 粒中 180mgづつ含まれます。


新ビオフェルミンSの利点

食後服用で胃酸によって死滅させられる事なく腸まで「生きたまま」乳酸菌が届く。

食後の胃酸pHは4~5まで上昇しています。pH4においては、新ビオフェルミンSの乳酸菌は胃酸の影響を受けることなく、生きたまま腸まで届いて増え、効果を発揮するよう製品化されています。


長期服用でも問題がない。

人間の腸内に住む有益な菌を製剤化したもので、腸内に幅広く住みつき、乳酸や酢酸を産生し腸内の有害菌や有害菌がつくる有害物質を減らし、腸内菌叢を正常にして、整腸効果をあらわします。 体内に吸収されることもないため、妊娠中・授乳中に服用しても問題はありません。 生理的自然な整腸作用をあらわしますので、習慣性になることはなく、長期間服用による問題がない。


この薬は腸のバランスを整えるのにかなり有効です。実感できます。

考えてみてください。この薬の主な成分は3種類の菌。
普通なら健康食品のような成分です。

しかし「薬」と認定されたのは整腸作用がしっかり確実に認められるという証です。

効果はしっかりしていて、体に無害な優しい薬なのです。

ビオフェルミン製薬から宣伝料を頂きたいくらいオススメしましたが、 これは本当にオススメです。

必ず服用してください。


正しい食事と共に腸内細菌も健全化する。

これで改善の可能性が飛躍的に上がります。


追記
細菌で頭に浮かぶのは口内細菌もあります。食べ物は口から入り、胃、腸という一連の流れなので口内細菌の腸への影響が気になりました。口の中には 500億個以上の細菌が生息しています。

調べた結果、対アトピー性皮膚炎の有効かつ信憑性のある情報が見あたらないので特に気にする必要はないと思います。
清潔には越したことないので毎日の歯磨きは必ず行いましょう。

このページの先頭へ